hachimitu blog

とあるWebディレクターのブログ

ウェブカレ1000万は安過ぎるだろう

2008.11.15 本エントリへのツッコミへの回答書きました。 微笑ましいという意見もあるんですが、こういう人が増えると本当に困るんです。 業界全体のことを考えると。 1000万て はてな匿名ダイアリー
なんでこんなサイト作るのに1000万円もかかるんだろう??? 素で理解できない。 2人のエンジニアって書いてあるけど 仮に給料を少し高めに考えて月に30万円だとして 5ヶ月かかっても、30万x2人分x5ヶ月 = 300万円だ。
はてぶのコメントでは、書いた人は「学生だろう」ていう意見もちらほらですが、経験則として、こういう人、社会人でもいます。 つまり、「自分の月給の範囲しか想像力が及ばない社会人」。 まず人を一人会社が雇うとどうなるか。給料分だけ、会社にコストが発生するわけではありません。ぱっと普通に考えつくだけでも、
  • 定期代
  • 光熱費
  • 水道代
  • 家賃(厳密には増えないですが、手狭になれば引っ越し、改装なんかになるので、結果増えるといえます)
  • その人が使うパソコン、アプリケーション代
  • メールサーバなどのインフラコスト
  • 携帯、筆記用具などもろもろ備品
などがあります。また、突っ込んで考えると、
  • その人の採用コスト(エージェント代や採用広告、人事部の人件費)
  • その人の、会社への影響のリスク(たとえば、思ったとおりの人材でなく、周囲に悪影響を与えるしれません)
  • その人が将来、会社を訴えるかもしれないリスク
などなどひっくるめて、会社は負うのです。最近は言わないのかなぁ、だから「給料の三倍稼げ」って。そうじゃないと会社はペイしないんです。
とまぁ、ひとしきり愚痴を述べたところで。「ウェブカレ」の話。
2カ月で6万人突破の女性向けSNS「ウェブカレ」 ウェブ開発物語
ウェブカレの開発費は2人のエンジニアの人件費とイラストレーターや声優の外注費を含めても1000万円程度で済んだという
リンクシンクさんなら、プログラム開発はたぶん内製でしょう。 デザイン系の費用感は、プログラマーな人はあんまり知らないかもしれないですが、イラストは単なるWebページのデザインよか数段高いです。 なぜかというと、時間がかかるから。何カットもあるのが普通ですし。人月感覚と同じといえば、同じ。さらに、イラストレーターのネームバリューによって、人月を桁違いに超える値段になったりもします。 また、いわゆる「Webデザイナー」な人はイラスト描けない人も多いです。やはり美大出身とかで、かつそれでもイラストをかなり勉強してきた人でないと、商品になるレベルのイラストは難しいです。 なんで、かなりコストがかさむ代物なんですね、イラストって。
また、最後にじゃあ費用対効果どうなのって、話ですが。 広告と比較すると、話早いです。 現在UU6万人とのこと。 6万人を広告で集客しようとすると、単純に1クリック100円の広告で集めようとしても600万円かかります。10万人になった段階で、もう十分でしょう。 1クリック100円もするかーという話ですが、ウェブカレのターゲットであろう「彼氏欲しい」という人に向けて、それっぽいキーワードで広告打とうとした場合、Google AdWordsキーワード ツール様は以下のように、そろばんはじいてくれます。1クリック100円なんてレベルじゃないですね。(「彼氏彼女の事情」はおいといて)
これ系の広告単価がこれだけ高いというのは、要はそれだけお金を落としてくれるお客だということです。ちゃんとビジネスすれば、きっちり儲かると思います。 それが、1000万で構築できるなんて、本当に素晴らしい。 ※追記だす↓↓↓↓ この規模の会員がいて、かつ高単価が見込めるユーザーなので、事業単体として会社設立しても、おそらくVC等からは数億円の出資が見込めると思います。 そういうレベルの仕事です。1000万なんて、ちゃちな額の話じゃないですよ。