hachimitu blog

とあるWebディレクターのブログ

世界のトップ1000サイト by Google を元に日本のサイトを分析してみた

先日、GoogleDoubleClick Ad Planner(旧 Google Ad Planner)上で発表した、世界の上位1000サイトのデータ。 Googleが世界の上位1000サイトを公開、トップは「Facebook」で5億4000万人
Googleは28日、広告出稿先サイトの検討支援ツール「Ad Planner」に基づく、訪問者数の世界上位1000サイトのリストを公開した。
あれ?CSV出力機能とかないじゃーんと思ったので、シコシコExelにはっつけたので、以下においておきます。 http://hachimitu.jp/top1000.xls それだけだと芸がないので、日本のサイト(グローバル企業のは日本用にドメインが分かれているサイトのみ含める)抽出して、日本サイトランキングもつくってみたんだぜ! 以下、どどーんと。 ※UU順です。 ※全部やろうと思ったけど疲れたので世界トップ500内のみ。(結果的には日本51位まで) ※面白そうなので、一人当たりPV(PV/UU)も出してみた ▼こうやってみてくと色々わかりますな。先に考察など ・Yahoo!やっぱえぐい! ・ブログサービス強し。(ページ数はんぱないですからね) ・単発読み物系サービスは一人当たりPV少ない。(All AboutとかOKwaveとか) ・Yahoo!、mixi、ニコ動、アメブロ、cookpadは一人当たりPV多い。特にYahoo!ぱねぇ。 ・企業じゃないのに(もう企業だけど)「 japanpost.jp」すごい。(日本人郵便好き!) ・マピオン頑張ってます!(アピールポイントw) ・でもマピオンも一人当たりPV低い(地図サイトってね...orz) ・ameblo.jpとlivedoor比べるとUUは大差ないけど、一人当たりPVの差がでかい。 ・楽天とamazonとkakaku.com比べると、楽天の一人当たりPVがやたら多い。 ・一人当たりPVって回遊性高いとみるか、ユーザーが目的を果たすまでに迷ってるとみるか。 日本のトップサイト50