hachimitu blog

とあるWebディレクターのブログ

3月のライオンの舞台へ 三月町編

羽海野チカ「3月のライオン」の舞台を巡る、第2回。 前回の六月町編に続き、今回は「三月町編」(中央区佃)である。 今回は新しく購入した、広角レンズSIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMを使って撮影。
3月のライオンの舞台をめぐる地図はこちら G:「3月のライオン」第一巻 P.22(chapter1) 対局終わって黄昏れて、携帯をじっとみる零君。
「3月のライオン」第一巻 P.22(chapter1)

H:「3月のライオン」第一巻 P.24(chapter1) コンビニで買い出しし、レトロな橋を渡る零君。コミックでは「月の湯」であるが、実際は「日の出湯」である。
「3月のライオン」第一巻 P.24(chapter1)

I:「3月のライオン」第一巻 P.49(chapter2) できたての「三日月焼」をもらって3姉妹をみおくるシーン。
「3月のライオン」第一巻 P.49(chapter2)

J:「3月のライオン」第一巻 P.107(chapter6) 「お見送り」といっているのは「お盆」だからである。
「3月のライオン」第一巻 P.107(chapter6)

K:「3月のライオン」第一巻 P.109(chapter6) 「コンビニに行く」といって、一人抜け出すヒナちゃん。
「3月のライオン」第一巻 P.109(chapter6)

L:「3月のライオン」第一巻 P.109(chapter6) 川辺にたたずむヒナちゃんをみつけた零君。
「3月のライオン」第一巻 P.109(chapter6)

M:「3月のライオン」第一巻 P.135(chapter8) 「chapter8」の扉絵。
「3月のライオン」第一巻 P.135(chapter8)

N:「3月のライオン」第一巻 P.149(chapter9) 「chapter9」の扉絵。上の写真の別アングル。残念ながらアヒルはいなかった。
「3月のライオン」第一巻 P.149(chapter9)

O:「3月のライオン」第一巻 P.167(chapter10) 「chapter10」の扉絵。「chapter8、9」の続き絵。 向こうに霞んでいるのは聖路加ガーデンの、聖路加タワーである。
「3月のライオン」第一巻 P.167(chapter10)

という感じで、今回は「3月のライオン」の主に三月町(中央区佃)の写真を撮ってきました。 舞台は月島といっておきながら、実際は六月町=中央区新川、三月町=中央区佃ということで、月島出てこないという落ちです(笑)。
関連ブログ