hachimitu blog

とあるWebディレクターのブログ

セカイカメラをAppleが禁止した理由を考察してみる

なんか、昨日から各所で話題になってますが。 情報錯綜してる感もあるので、現時点で報告されていることとしては、
  • 現在、App Store審査(無線LANデバイスへのアクセス方法)により、PlaceEngineを利用したiPhoneアプリが非公開となっている。(koozyt発表より)
  • PlaceEngineを利用している対象iPhoneアプリは、WGConnect, Yahoo!地図, セカイカメラ, 大江戸妖怪集, DaMoNo, DaMoNo2。 (koozyt発表より)
  • PlaceEngine以外にも、Wifiに直接接続するアプリが一部、同様に非公開対象にされている。
  • 同じWifiにアクセスするアプリでも、Geolocation APIを使用しているアプリには被害がないようだ
  • Appleからは事前に通告があったという情報がある
という感じですかね? こっから推測するに、個人的な考えですが、Geolocation API以外の方法でWifiにアクセスするようなアプリに関して、セキュリティ的な懸念から、現在非公開措置をとっているのではないかと。 確かiPod touchが日本で発表された当初は、Wifi(MACアドレス、SSID, 電界強度の取得)へのアクセスはiPod touhcのSDKとしては非公開とされていて、KoozytさんがAppleに対して開放の署名集めてたこともあるので。 当初の方針に戻ったんじゃないかなぁ。 確かに、色々なアプローチからWifiにアクセスできてしまうと、それはそれで問題あるかなーという気がしなくもないし、Geolocation APIAppleとして公式に推奨している感もあるので、「Wifiから情報とるなら、そっち使いたまえ」という姿勢なら理解できないこともないですけどねぇ。 追記) ただ、Geolocation APIに限定されてしまうと、今までの事例みたいに、屋内イベントでPlaceEngineがそのイベントブース内のWifi位置情報を取得して、セカイカメラと一緒に展開するというビジネスモデルが難しくなりそうですな。