hachimitu blog

とあるWebディレクターのブログ

ドトールのアイスカフェラテが、カフェオレな件

そう、カフェラテである。 Wikipediaにも書いてあるように、
日本でもエスプレッソを用いたものを「カフェ・ラッテ」と言い、カフェ・オ・レと区別している場合が多いようである。
日本ではカフェオレカフェラテは別物と認識されているのである。 しかし、この見解に敢然と立ち向かっている店がある。 ドトールである。 ドトールもホットのカフェラテについては、一般的なカフェラテと同じく
エスプレッソ+牛乳(厳密にはスチームミルク)
であるが、なぜか不思議なことにアイスカフェラテについては
アイスコーヒー+牛乳
なのである。 ※ちなみに、私は学生時代にドトールでバイトをしていたので、これは事実である。 などの類似な大手カフェチェーンにおいては、このような例はない。 「アイスカフェラテ」を注文すれば、まずホットのエスプレッソが抽出され、 氷と牛乳が入ったグラスに、アツアツのエスプレッソが注がれて、提供されるはずである。 まず、明らかにしておくが、私はドトールのアイスカフェラテ(いわゆるカフォオレ)が好きである。 それは、210円という安さに加え、単にアイスコーヒーに牛乳をぶっこんでいるだけであるので、待たされることがないからである。(かつ、喫煙者であるので、そもそもドトールによく入る) とはいえ、毎度カフェオレを注文していながら、「アイスコーヒーに牛乳をぶっこんでいるだけ」のものを出され、+牛乳分だけでアイスコーヒーより30円高いという価格設定にも釈然としない気持ちを持ってはいた。 そして、今日驚愕の事態が発生したのである。 毎度のように、ドトールで「似非アイスラテ」を注文し、210円を用意していると、女性店員に笑顔で「230円になります♪」と言われたのである。 (゚Д゚) 「平成の大値上げ」である。 私は激怒した。これまで「アイスコーヒーに牛乳をぶっこんだだけ」のものを「アイスカフェラテ」詐称してきたのに加え、20円もの値上げとはどういう了見であろうか。 こんな横暴が許されてよいのか!いやよくないのである!(反語) といいつつも、しっかり230円を払い、おそらくこれからも私は「偽アイスラテ」を飲み続けるのである。 だって、タバコ吸えるもんね!