hachimitu blog

とあるWebディレクターのブログ

行動ターゲティング広告の意外な落とし穴

どうも久しぶりのブログ更新です。 さて、私にゃんこを飼い始めまして、早5ヶ月とかになるんですが、 最近、色々なサイトをみていますと、、、、、 やたら「ねこのきもち」のバナー広告が出るんですね。 ねこのきもち これ、たぶん行動ターゲティング広告(BT)で、確かに、猫を飼い始めてから色々なサイトで猫について調べたり、猫グッズやエサをオンラインショップで購入したりしているので、行動ターゲティング広告としてはばっちりターゲットにマッチしているんですよ。見事に。 ただ一つ問題がありまして。。。 わたし、既に「ねこのきもち」購読してるんですよ。猫飼っているので。 このバナーに出てる、ふろくの「豚毛ブラシ」も持っているんですよ、当然。 というわけで、行動ターゲティングもばっちりターゲティングしすぎちゃうと、 既に購入済みとか、既にもう顧客であるとかいうパターンが出てきちゃって、 新規顧客獲得のための広告だとすると、これ完全にクライアント側からするとコストのロスなんですよねぇ。。。 購入済み情報とかを、AmazonとかFacebookとかのソーシャル情報と組み合わせて、 完全にまだ新規顧客だけに行動ターゲティング広告を出せるようになると有効なんでしょうがねぇ。